ZAN ~斬~     ★SHINE★

この世は、残酷だ・・・。皆、羊の皮を被っている狼達。
この俺だって、所詮同じ川のムジナ・・・だよなぁ・・・。
ここ新宿歌舞伎町は、いつも、そんな無常観を感じさせる。身の毛もよだつ、ただならぬ妖気を街全体から感じていた。
ふと・・・俺の足を止めたもの。それは歌舞伎町の喧騒から逃れた公園。
四角いブルーシートの群れが異世界の扉を開こうとしているみたいだ。

「ボス?」俺が、声の出所に向かって、ゆっくり振り返る。
「なんだ?いきなりボスなんて言うなやぁ!」すると、目を白黒させながらボスと呼んだ男はいきなり腹を抱えて笑い出した。
「!?」俺は、なぜ、このチビ・・・もとい屋良に大爆笑されている意味が分らなかった。
俺は、あくまで公園の前で、立ち止まったつもりだった。
しかし、今、自分がいるはずの位置と、違っていたことに俺自身、思わず苦笑いするしかなかった。
俺は、足を止めたつもりがブルーシートの群れの中に侵入していたのだから・・・。
そんな俺の姿に屋良は「やっぱり光一さんは、表社会のほうが 似合いますね?」
少しだけ沈黙が流れた・・・。そして俺は「なぁんでやねぇん!・・・まぁ・・・な?そうだよな?」
俺は、チビ・・・じゃない屋良の人懐こい顔めがけて、パンチを入れるふりをして、二人でじゃらけていた。

俺は、裏と表の顔を持っている。しかし裏・・・闇社会では、あらゆる抗争に顔を突っ込むようなそんなやくざな世界とは完全に一線を画している。
あいつだけは・・・・絶対許さない!!!俺にとって、闇社会に通じることは、憎き相手をひっつかまえて恨みをいや家族の幸せを奪って、のうのうと生きている奴を成敗してやることだ!!

新宿の街の片隅で、息をひそめるように生きているホームレスの姿に俺はいつか見たあの背中を脳裏にだぶらせていた。
「光一さん?もう帰りましょうよ。もう今日は、これくらいにしときましょう!!」
屋良は温かそうに顔を上気させながらぬくぬくとダウンを着ていた・・・・。
このやろう!内心、思いながらも俺も、ダウン着てるし・・・・。誰に当たることもできひん・・・。
耳元を凍て付くような冷たすぎる風がヒューンと音を立てて通り過ぎていった。
「さ!飲みに行くかぁ!!」俺が屋良に向かって、また足を大嫌いな街に向けた瞬間。
「えーーーーー!さっきまで浴びるほど酒飲んでいたじゃないですかぁ!」
「そうだっけ?」屋良の顔がやたら顔が赤くてあったかそうな服装しやがってなんて思ったけどそっかー!俺・・・ちょっと記憶なくすほど飲んでたみたいや・・・。
俺の名は・・・・なぁんて格好つけるの苦手なんだけど一応・・・堂本光一っていう。
「一番光る」なんて・・・俺の親ときたら今の俺の正体を知ったら「名を返上しろ!汚名を返上しろ!」って言われてしまうやろなぁ・・・。
ましてや、この闇社会で、真っ先に光ってもなぁ・・・・。
なぁんて話を延々と酒の席で屋良にしていたらしいのだ。屋良にしてみれば迷惑な話なのだが、ボスに付き合うことは絶対。
もう限界を感じた、屋良は店員に頼み、コニャックのボトルの中身をウーロン茶に変えてもらった位だ。
時計を見ると午前0時を回っていた。俺が正体不明になる前にどうやらあいつに電話していたらしい。多分、べろんべろんだったから日本語として通じてたのかさえ今は疑問。
店を出ると街のうるさすぎる色とりどりの明かり背にして歩いていた・・・いや歩いてるというものではなかったらしい。
屋良が小さい体で必死に支えてくれていたという。悪いことをした・・・。
そして、俺は公園の前で現実を目の当たりにしたのだ・・・・。
光一の様子を見ていた屋良は、少し誇らしげに見つめていた。

そこへ爆音とともに、やってきた男。
「来た!」屋良は、すぐ誰か分った。ブルーシートの公園の横道に、あまりに場違いなハーレーが参上!!
「おらぁーーー!こういちぃーーーー!!」ハーレーに乗った、黒の革ジャンを着た、その男に光一は「よ!相棒!」と軽く手を振ると「乗れや!」そういうと光一はサイドカーに乗り込んだ。
屋良は、やれやれと思いながら、「あーー!俺は、どうすればいいんすか?」
「バーカ!タクシーでも拾って帰るんだな・・・」黒ずくめの男にバカ呼ばわりされて、悔しそうに地団駄を踏みながら「長瀬さんのような大バカに言われたくない!」と小声で言うと風のようにその場から一瞬に消えていなくなってしまった。

「あいつ・・・NARUTOみたいだな・・・・」黒ずくめの男は、そういうとエンジンを全快にして夜のまばゆい光の中、ハーレーを駆って行った。
「俺も、ハーレー、ぶっ飛ばしたい・・・・」
「あほ!ばりばり飲酒運転じゃぁ!!しらふのときに、乗れよな!」
「ほ~い!ほい!」と言うと俺は、サイドカーでブンブンとアクセル吹かす真似をしていた。
隣から、「あほ」と言われているようだけど、ハーレーの爆音にかき消されていた。

今夜は、月がやたら綺麗だなぁ。

この記事へのコメント

愛戦士桜
2006年12月08日 12:37
わおーーー!
いきなり ベロンベロンに酔った彼から始まるのね~。
でも全然酔ってるように見えないのが彼だよね。
やらっち 置いてかれたんだ(爆)桜がお持ち帰りしよかな(嘘です)^^;
ハーレーと長瀬くん 似合いすぎるよねーカッコイイ!!!!
桜(爆)の愛しのかの君はいつ出てくるのかなぁ・・・楽しみだにゃー♪
モモ
2006年12月08日 17:11
きゃー!!光ちゃんのべろんべろんのお姿…。セクシーすぎて、こっちがべろんべろんになっちゃいます(*^_^*)屋良くんが羨ましいなぁ。。。☆
光ちゃんが裏の顔を持っている理由は、『憎き相手への復習』だったんですね。気になる!気になる!目が離せません(@_@)
困った時はやっぱり長瀬くん♪ですよね~!光ちゃんは良く長瀬くんに身を任せてますもんね(笑)そのお姿も可愛くて好きなんです♪♪
2006年12月08日 17:39
あーなんか過去を抱えてらっしゃるんですね?忘れたいことがあって深酒なさるのね?で、彼らは必殺仕置人みたいな組織と考えてよいのかしら?私も桜同様、ヤラっちお持ち帰りしたいですー!カワイイ カワイイ シタイノ♪
SHINE
2006年12月08日 22:24
>愛戦士桜ちゃん
喜んでいただけたようで、嬉しいです♪屋良くんは可愛いキャラなので彼のことを書いていると、こっちまで幸せな気分になります。
今回のストーリでは、主要なキャラは一人称で語る中、屋良くんの場合は半ばストーリーテーラーという重要な役回りがあります。
光一を影に日向に守るのは他のメンバーも同じですが、彼の場合は、また違う見方を光一に対してしているという。
剛くんは、刑事という存在ですが、それも、また意外な方向から光一に近づくので、楽しみにしててね?
SHINE
2006年12月08日 22:34
>モモちゃん
あはは・・・べろんべろんな光ちゃん・・・何気に皆やられてますかぁ?
やはり女心をくすぐりますよね?でも、今回のストーリーでも私はあまり女性を登場させません。闇世界という男臭い社会に女性が一人でも入って御覧なさい?身の破滅を呼びます・・・。
光一の過去は、かなり紙幅をとっています。それだけ、かなり重いものがあるの。
長瀬くんの存在は、光一にとって心のよりどころです。
ただ光一には、意外と秘密が多くてね?彼との友情を沢山エピソードに書きたいのですが、どうも内容てんこもりになりそうなので、きっと、そこまで掘り下げられないかもです。(><;)
>SHINE
2006年12月08日 22:45
>Rainちゃん
そうですね。過去はあります・・・。そのために闇社会に自ら入ったわけです。必殺仕置き人・・・確かに近いですね♪ただ、あだ討ちなので勧善懲悪という、これぞ仕置き人!という世界観としては表現していないのよ。。。ただ一人の敵を目前に描かれる人間模様というのかな?
プロットはほぼ完成しています。今は、下書きをして色々、試行錯誤。
次回の更新は、明日になります。この回では光一の裏表の顔を覗くことになると思うので、妄想を膨らませてねぇ♪

この記事へのトラックバック